TOP > 採用情報 > 社員インタビュー > 赤嶺佑輔

データサイエンス開発本部 マネージャー

赤嶺 佑輔

Red

新卒入社

決め手は「ビジョン」と「誰と働くか」
将来は地元に貢献します

大学生時代の経験と、就職活動での会社選びについて教えてください。

専門的なことを活かして人のためになる仕事をしたいと考え、大学では会計学を専攻し税理士を目指して勉強していました。考えが変わったきっかけはインターンシップでした。当時、税理士事務所の他に沖縄で有名な製菓店の販売の仕事を経験したのですが、販売員の方の接客にプロ意識を感じ、どんな分野にもプロはいるということに気づきました。そこから就職活動では、税理士に固執せずに視野を拡げ、自分は将来どんな目標があるのか、何がしたいのかを掘り下げていきました。業界は元々PCが好きで興味があったことと、今後成長する分野であることからITに絞りました。また、学生時代から部活動など、周りの人と一つの目標に向かい、結果を出すために努力することが好きだったので、「ビジョン」と「誰と働くか」が会社を選ぶ基準になりました。

赤嶺佑輔02
赤嶺佑輔

入社を決めたきっかけ、理由を教えてください。

就職活動が終わり、運営側として就職イベントを実施したときに、企業側で参加していた弊社のCEO遠山に出逢いました。やはり、決め手は「ビジョン」と「誰と働くか」ですね。実は、すでに沖縄の会社から内定をもらっていて就職活動自体は終わっていましたが、遠山の人柄に惹かれ「この会社で働いてみたい」と思い、事業内容や会社の雰囲気を知るうちにその気持ちは大きくなっていきました。また、IT業界でもデータサイエンスという専門的な分野であり、実績もノウハウもあったので、この会社で知識やスキルを磨き、自分のビジョンである、「地元沖縄に貢献する」ことを実現しようと決意しました。

入社してみてどのようなことを感じましたか。

入社してみて、良い意味でギャップがありましたね。入社前までIT企業は、淡々と黙々とPCで作業するというイメージを持っていました。実際は、もちろん集中する時間は黙々と作業することもありますが、社内やチームでのコミュニケーションが多く、フランクに話せる明るい雰囲気で居心地がいいなと感じています。仕事は、プログラミング未経験で入ったので、決して楽なものではなかったのですが、死に物狂いでやれば何でも身につくという自分の考えと、同期たちと切磋琢磨できたことで成長につながりました。また、4年目の始めからはマネージャーに立候補して就任し、自分の成長だけでなく、メンバーの成長を促すという視点を持つようになりました。年齢や経験関係なく、挑戦するチャンスがある会社なので、この会社で得られる技術・経験・チャンスをものにし、磨いていきたいと思っています。

赤嶺佑輔04

MESSAGE

素直でかつ成長意欲のある方は無敵だと思いますし、そんな方と働けるとワクワクします。自分のやりたいことを追求して、ぜひご縁があれば一緒に働きましょう!また、実際に来てみると会社の雰囲気も分かると思うので、見に来てくださいね!


SCHEDULE

10:00

10:00

出社・タスク確認

11:00

11:00

事務処理(メンバー報告書承認など)

12:00

12:00

ランチ

13:00

13:00

マネージャーMTG

14:00

14:00

開発業務

17:00

17:00

お客様先訪問

19:00

19:00

退社

お問い合わせ

contact

お気軽にお問い合わせください。

03-5909-1320

【受付時間】平日9:00~18:00